BEST SELLER

ダブル セーラム EX 30mL

ポイント   ほしい物リストに追加する   サンプルを試す
アイテム番号 80025862
¥ 11,880
送料無料

クラランスNo.1美容液/2つの美容液が1本に。

  • 肌タイプ ノーマル, ドライ, コンビネーション, オイリー, オールスキン
Add to cart options
¥ 11,880
在庫状況: 

在庫あり

ポイント   ほしい物リストに追加する   サンプルを試す
Additional Information
クラランスNo.1美容液/2つの美容液が1本に。
コスメ賞を多数受賞するクラランスNo.1美容液がパワーアップしてリニューアル。
20種類以上の植物由来成分が配合された、オイルxウォーターのダブルフェイズのエイジングケア美容液。すべての肌タイプに対応し、パワフルにケアします。
すばやく肌*に浸透し、肌を引き締め、ハリ・弾力感のある活き活きとした肌へ。
オイルセラム(油溶性)と、ウォーターセラム(水溶性)を容器内部で分けているため、使うたびにフレッシュなまま肌に届きます。
*角質層
Product Attributes
  • 肌タイプ: ノーマル, ドライ, コンビネーション, オイリー, オールスキン
  • お悩み: 皮脂・毛穴ケア, エイジングケア
  • 年代: すべての年代
商品のレビュー

商品について

コスメ賞を多数受賞するクラランスNo.1美容液がパワーアップしてリニューアル。
20種類以上の植物由来成分が配合された、オイルxウォーターのダブルフェイズのエイジングケア美容液。すべての肌タイプに対応し、パワフルにケアします。
すばやく肌*に浸透し、肌を引き締め、ハリ・弾力感のある活き活きとした肌へ。
オイルセラム(油溶性)と、ウォーターセラム(水溶性)を容器内部で分けているため、使うたびにフレッシュなまま肌に届きます。
*角質層
Double Serum

あなたの肌が、生涯、美しくあるために。

NEW

第8世代ダブル セーラム EX

2種の美容液を1つに閉じ込めたダブル セーラムは、1985年の発売以来、世界中で愛され続けてきました。この独自の2種類の美容液、[ウォーターセラム] [オイルセラム]の中にはそれぞれ選び抜いた有用成分を濃縮配合しています。

  • 肌に輝きをもたらす
  • 肌にハリ感をもたらす
  • 肌の弾力感を取り戻す
  • 肌のキメを整える
  • 長時間うるおいの持続する肌に
こだわりの成分
  • キウイ キウイ  「キウイ」は、アジア原産のグリーンの甘ずっぱい果実を実らせるマタタビ科の小低木で、語源は、ニュージーランドの人々が、自国のシンボリックな飛べない鳥、Kiwi (キーウイ)の名前をこの果実に与えたことに由来します。フランスでは70年代から栽培されています。ビタミンA,B,C,E,ミネラルのほかフルーツ酸、タンニン、糖などの栄養成分が凝縮しています。キウイには肌細胞に必要な栄養(脂質、タンパク質、糖質)の取り込みを高める作用があり、化粧品に利用されています。肌に明るさをもたらします。 詳しくはこちら
  • カラスムギ(オート) カラスムギ(オート) 「カラスムギ」は、何世紀にもわたり身近な穀物でした。また、民間療法では、栄養価を高めたり柔軟作用が利用されてきました。伝統的にカラスムギは肌の乾燥を抑えたり、敏感肌を落ち着かせる働きが注目されています。化粧品では、カラスムギの種子由来オーガニックシュガーの優れた肌引き締め作用が利用されています。   詳しくはこちら
  • ワイルドティーゼル ワイルドティーゼル 「鳥たちのバー」、「ビーナスの水」…「ワイルドティーゼル」の効果的な役割を表現するのにこれ以上によい言葉はないでしょう。細く密集しカーブした針状の葉のくぼみに雨水や露が溜まります。鳥たちが水を飲みに集まるため、”鳥たちのバー”とも呼ばれるこの葉に集まる水を、古来女性たちは”ビーナスの水”と呼びました。そばかすを薄くしたり肌を美しくする聖なる水と信じ、夜明け前にそれを集めて使用しました。またその根は民間療法で肌トラブルや消化不良に使われました。化粧品ではATP(細胞のエネルギーコイン)生成促進作用、フリーラジカル防止作用が利用されています。 詳しくはこちら
  • 赤サンゴ草(アッケシソウ) 赤サンゴ草(アッケシソウ) 「アッケシソウ」は、ヨーロッパのほとんどの海岸線や海水が混じる湿地に育つ塩生植物で、初秋には緑から真っ赤に染まることから「赤サンゴ草」や「コーラルグラス」と呼ばれています。毎年、野生のサボテンのようなごつごつした円柱状の枝分かれした茎をつけます。しかしそのごつごつした外観の下に、塩分に耐える強い生命力をもった組織を発達させているのです。通常の植物は、海水の過剰な塩分で浸透圧ストレスを受け、水を吸うことができなくなって機能が止まり枯れてしまいますが、この赤サンゴ草は細胞内の水分レベルを調節する特殊な機能を備えています。ビタミンやミネラルが豊富なため食物として用いられてきた赤サンゴ草は、化粧品ではそのオイルの希少価値も注目されています。クラランスは、赤サンゴ草に、肌のNMF(天然保湿因子)の合成促進作用があることを見出しました。(in vitro)  詳しくはこちら
  • グリーンバナナ グリーンバナナ 「グリーンバナナ」は、東南アジア原産で世界中の熱帯地域に育ちます。スレンダーなシルエットとぶら下がった大きな葉が特徴で、木のように見えますが、実際には地下茎で支えられた巨大な多年生植物の草本です。食用フルーツとしてはグリーンや黄色く熟したものなど数多くの種類がありますが、伝統医学ではグリーンバナナが利用されてきました。グリーンバナナの果実から得たエキスには、コラーゲンI(真皮コラーゲン線維の主要成分)合成促進、コラーゲンV(コラーゲン線維を束ねる接着成分)の合成促進、フィブロテクチン・インテグリン・FAK(コラーゲン線維と線維芽細胞のリンクを強化する特殊な接着性タンパク)の合成促進作用があることを見出しました。(in vitro) 詳しくはこちら
  • ジャワティー ジャワティー 「ジャワティー」は南東アジア原産で、花弁の中心から過度に長い雄しべが伸びた特徴的な形から別名「猫のひげ」と呼ばれています。また「ジャワティ」として親しまれ、民間療法では何世紀もの間、腎臓によいとされ飲用されてきました。西洋がこのエキゾチックなハーブを発見し、そのドレナージュ作用を見出したのは19世紀の終わりでした。また化粧品では皮脂生成抑制作用で毛穴を引き締め、肌のキメを整える整肌作用を利用しています。   詳しくはこちら
  • ゴジベリー ゴジベリー 「ゴジベリー」は主に中国南部に育つナス科の低木で、ほのかな酸味が人気の果実です。中国の民間療法では、免疫力を高めたり視力向上のために用いられ、また血行促進や肝機能維持の目的でも使われました。研究が進み、免疫機能を高めるポリサッカライド(多糖類)や、抗酸化成分が含まれていることがわかりました。また、ゴジベリーにはATP(アデノシン三リン酸:体や肌の細胞のエネルギー源となる分子)の前駆体、リボースー5ーリン酸の生成を促すことで、細胞内のATP量を高める作用があり、ATPをリチャージすることで細胞を活性化します(エネルギーブーストアクション)。 詳しくはこちら
  • レッドアルゲ(ジャニアルベンス) レッドアルゲ(ジャニアルベンス) 「ジャニアルベンス」は、光がさす浅瀬の岩場や砂地の近くの穏やかな海に生息する好光性の紅藻(レッドアルゲ)です。生命力が高く、長く生息します。光の強さによって色が変わり、光が強く差し込むところではピンクがかった白、そして光が弱いところでは紫がかったピンクをしています。細かい茎が中心から外にのび、球状のまるで”ポンポン”のような形を作っています。肌のターンオーバーを整える透明感のある肌を引き出します。  詳しくはこちら
  • ビューティベリー(ムラサキシキブ) ビューティベリー(ムラサキシキブ) "ムラサキシキブ、ビューティベリー、キャンディツリー…「ビューティベリー」は、アジアに育つシソ科の落葉低木で秋に宝石のような輝きのある紫の実をつけるため、数々の美しいニックネームが生まれています。日本では「ムラサキシキブ」という名前があり、知性と美しさを兼ね備える平安の有名な女性作家「紫式部」のイメージになぞらえ命名されたといわれています。この植物の宝石は美しい外観と裏腹に、痩せた土壌に生き残るパイオニアプラント(先駆植物)としての強い生命力を持ちます。アジアに育つこのビューティーベリーは、民間療法では抗炎症作用や血管強化作用などが利用されています。化粧品では抗菌化作用やめぐりを良くする作用を利用しています。" 詳しくはこちら
  • マリアアザミ(オオアザミ) マリアアザミ(オオアザミ) 地中海原産の「マリアアザミ(ミルクシスル)」は日射量の豊富な乾燥地に生育します。とげのようにとがった葉を持つ外観の下に慈悲深さを秘めています。その名の由来は、中世の美しい伝説からきています。聖母マリアは、ヘロデ王の兵士たちからわが子を守ろうとして、アザミの大きな葉の下に幼子イエスを隠しました。その時、彼女の胸から数滴の母乳の雫が葉の上へとこぼれ落ち、今でも葉脈のそばにこの母乳の痕跡をとどめていると言われています。伝統的に、マリアアザミはその種子から得られたオイルが利用されます。必須脂肪酸、特にオメガ6が豊富で、肌に栄養を与え、心地よく整えます。 詳しくはこちら
  • コウキヨウ(黄杞葉) コウキヨウ(黄杞葉) 「コウキ(黄杞)」は、東南アジアに自生するクルミ科の常緑高木で、深く溝が刻まれた大木は35mにまで成長します。中国ではその根や、その葉(黄杞葉:コウキヨウ)は、抗菌作用があるとして解熱や、鎮痛そして皮膚の状態を良くするために使用されました。化粧品でもその抗菌化作用が利用されています。 詳しくはこちら
  • ウコン(ターメリック) ウコン(ターメリック) インド 「ウコン」は、東南アジアを原産としアジア全土に生息するショウガ科の多年草です。カレーの色味に使われる鮮やかなゴールデンイエローの色が「鬱金」とよばれ、そこから「ウコン」の呼び名が有名になりました。その地下茎を乾燥させ粉末にしたものは何千年もの間、様々な用途に使用されてきました。ターメリックと呼ばれるスパイスは、苦みと辛みのあるコショウのような風味があり、ヒンズー教徒にとって儀式に使用する聖なる粉です。また布の染料や食品に使われたり、民間量にも使われます。インドや中国では消化を助けたり、炎症を抑えたりするために利用されました。その後何世紀にもわたる研究で「ウコン」に強力な抗酸化成分が含まれていることがわかりました。「ウコン」から得られたエキスには「ターメロン」という精油が含まれ、酸化ストレスを和わらげるだけでなく、細胞膜にある脂質マイクロドメイン(細胞のメッセージ受信をする受容体が多く集まっている領域)を保護することで、細胞間コミュニケーションを良くする働きがあることを見出しました。(in vitro) 詳しくはこちら
  • ジンジャーリリー ジンジャーリリー  「ジンジャーリリー」は、花びらと長いおしべがまるで蝶の羽を広げたような形状をしているため、別名「バタフライリリー」と呼ばれています。アジア原産で、現在は内陸の熱帯地方に生息しています。ジャスミンのような方向を放つ観賞用の植物として育てられ、キューバの国花でもあります。またブライダルブーケを飾る花として人気があります。ジンジャーリリーのエキスには、抗酸化作用、コラーゲン生成促進作用があり、エイジングケア製品に利用されます。 詳しくはこちら
  • アボカド アボカド 「アボガド」は中央アメリカを原産とし、アステカ人にとって「神に捧げる実」として特別な果実 でした。16世になって、ヨーロッパにもたらされてからアメリカンペアと呼ばれました。ビタミン類やミネラル、必須脂肪酸、たんぱく質などが豊富な実はそれだけで完全栄養食であり、偏頭痛や呼吸器障害、皮膚疾患には良いとされてきました。特に栄養が高く貴重なアボカド油不けん化物に乾燥を防いで肌荒れから肌を守る優れた保湿、保護作用があります。また、アボガドからとれるペプチド(タンパク質の構成成分)には、肌を美しくハリ感を与える作用があります。 詳しくはこちら
  • エーデルワイス エーデルワイス 「エーデルワイス」は標高1500~3000mの高山に自生するキク科の多年草です。愛をもとめて星から舞い降りたという伝説があります。星の王国の法に抗ったことでへんぴな山脈の頂上に自生するささやかな花の姿に変えられたといわれています。シベリア原産で、第四期氷河時代にヨーロッパに広がっていきました。19世紀にはアルプス地方のシンボルフラワーとなりました。高山に住む人々の心を奪うかわいい黄色の頭状花の周りに白色の羽毛のような軟毛をかぶった包葉が数枚星形に囲み、全体が花弁のようにみえます。この羽毛のような軟毛が、乾燥や紫外線から花を守るのです。化粧品では、表皮・真皮細胞を活性酸素の影響から守り、肌の老化を防ぐ作用が利用されています。 詳しくはこちら

成分
Persea gratissima

ご使用方法

化粧水の後、ダイヤルを回して適量(2プッシュ位)を手のひらにとり、皮膚温程度に温め、顔の中心から外側に向かってプレスし、なじませます。最後に、首、デコルテは上から下へ軽くプレスし、なじませます。

あなたに合ったエイジングケア*がみつかります

肌年齢25歳以上

肌年齢35歳以上

肌年齢45歳以上

レビュー (1)
最近ご覧になった商品