クレンジング ミルク ドライ/ノーマル

200 mL
アイテム番号 80006435
¥ 4,536
【期間限定】12/21(木)まで送料無料キャンペーン中。

クレンジング

  • 肌タイプ ノーマル, ドライ
  • テクスチャー ミルク
Add to cart options
¥ 4,536
在庫状況: 

在庫あり

 
急ぎ配送

翌日配送も可能
 
お支払い

お支払いを行う
 
送料無料

10000円以上の
ご注文で送料無料
ご購入でお好きな
サンプル3個をプレゼント
ポイント   ほしい物リストに追加する
Additional Information
クレンジング
植物成分が肌にうるおいを与えながら、柔らかな感触で、メイクや肌の汚れを取り除きます。皮脂やうるおいのバランスを整えることによって、みずみずしい肌を保ちます。特に乾燥が気になる肌におすすめします。洗顔後合わせてローションと一緒に使うことで、しっとりとしたうるおいを保ちます。
Product Attributes
  • 肌タイプ: ノーマル, ドライ
  • テクスチャー: ミルク
  • 年代: 25+, 35+, 45+, 50+
商品のレビュー

商品について

植物成分が肌にうるおいを与えながら、柔らかな感触で、メイクや肌の汚れを取り除きます。皮脂やうるおいのバランスを整えることによって、みずみずしい肌を保ちます。特に乾燥が気になる肌におすすめします。洗顔後合わせてローションと一緒に使うことで、しっとりとしたうるおいを保ちます。
こだわりの成分
  • アルテア(タチアオイ) アルテア(タチアオイ) 「アルテア(マシュマロ)」は古代よりヨーロッパで薬草として使用されてきました。アオイの仲間で最もたくましいタチアオイとも呼ばれ、すべすべとした分厚い葉を持つ背の高い草です。根、葉、花すべてに豊富な粘液には柔軟作用や鎮静作用があります。かつては、歯の生えかけた子供達に根のかけらを与え、それを咀嚼させて丈夫な歯を作る習慣があり、根から採られた粉はマシュマロの材料としても使われました。根を煎じたものは肌荒れや化膿防止などの皮膚トラブル、口内疾患に用いられていました。伝統的に、肌の浄化、鎮静、柔軟作用が利用されていました。 詳しくはこちら
  • アルニカ アルニカ 「アルニカ」はキク科の多年草で別名「レルブ オ シュット」(l'herbe aux chute:転落、落下の草の意味)とも呼ばれ、山中に自生しています。中世のヒルデガルドという名の女子大修道院長(ドイツのベネディクト会修道女、神秘思想家)が、この植物を打撲傷や青あざに使用したことを初めて書き記しています。ルネッサンス時代からは、コブやアザができたときの民間薬として普及しました。その後アルニカから得られたエキスに含まれる成分が研究され、うっ血を改善し、炎症を抑えて肌を鎮静する作用があることがわかりました。古くから「アルニカ」の肌を鎮静する作用が利用されています。 詳しくはこちら

成分
Althaea officinalis, Arnica montana, Gentiana lutea, Helianthus annuus, Hypericum perforatum, Juniperus communis, Linum usitatissimum, Melissa officinalis, Pinus sylvestris, Prunus amygdalus var. dulcis
レビュー (1)
最近ご覧になった商品