妊娠時のシミやそばかすには

妊娠性肝斑は急激なホルモンの変化に伴う現象のひとつです。
クラランスは安心して太陽の光を楽しむためのヒントと日やけ防止策についてお教えします。

妊娠性肝斑とは?

妊娠中によく見られるもので、おでこや頬、目もとなど顔の一部分で起こる肌の過剰な色素沈着。妊娠中のホルモンの不安定な変化が原因で、おもに妊娠4ヶ月から6ヶ月の頃に見られます。
妊娠性肝斑を防ぐにはできるだけ日光を避け、日光に当たるときは日やけ止めを使いましょう。常に肌を守ることが大切です。

どのような日やけ止めを使えばよいですか?

街中でもクリームやローションなど日やけ防止効果の高いサンプロテクションを使うことをおすすめします。 UVプラス マルチ デイ スクリーン は、軽いテクスチャーが見えないヴェールの様に紫外線の影響から肌を守ります。デイリースキンケアの最後に必ず使い、こまめにつけ直すことをおすすめします。正午から午後4時の日差しの特に強い時間帯はできるだけ日光を避け、プロテクションを徹底しましょう。

もし、日やけした肌を楽しみたいときには肌に悪影響を与える紫外線に当たることなく一年中美しい小麦色の肌が得られるセルフタンニングを試してみませんか?
セルフタンニング クリームを適切に使って、紫外線の悪影響に晒されることなく、一年中美しい小麦肌を楽しみましょう。