新製品

クリーミー アフターサン バーム

クリーミー アフターサン バーム クリーミー アフターサン バーム
150 g
アイテム番号 80050669
¥ 3,996

アフターサンフェイス・ボディ用保湿クリーム
2019年3月15日(金)新発売

  • 肌タイプ オールスキン
  • テクスチャー バーム
Add to cart options
¥ 3,996
在庫状況: 

在庫あり

ポイント   ほしい物リストに追加する
Additional Information
アフターサンフェイス・ボディ用保湿クリーム
2019年3月15日(金)新発売
心地よいバーム状のフェイス ・ ボディ用アフターサンクリームです。 なめらかなテクスチャーで、 日やけ後の乾燥した肌にうるおいを与えながらやわらかく整えます。ヒマワリ、 アロエベラ、 カラハリスイカ、 ミモザテヌイフローラ、ベニバナ*から得た植物の恵みが太陽をたっぷりと浴びた肌をケアします。 太陽溢れるバケーションをイメージした香り。オールスキンタイプにおすすめです。
*ヒマワリ種子エキス、 アロエベラ液汁、 スイカ果実エキス、 ミモザテヌイフローラ樹皮エキス、 ベニバナ油粕エキス(全て保湿 ・ 保護成分)
Product Attributes
  • 肌タイプ: オールスキン
  • テクスチャー: バーム
  • 年代: すべての年代
商品のレビュー

商品について

心地よいバーム状のフェイス ・ ボディ用アフターサンクリームです。 なめらかなテクスチャーで、 日やけ後の乾燥した肌にうるおいを与えながらやわらかく整えます。ヒマワリ、 アロエベラ、 カラハリスイカ、 ミモザテヌイフローラ、ベニバナ*から得た植物の恵みが太陽をたっぷりと浴びた肌をケアします。 太陽溢れるバケーションをイメージした香り。オールスキンタイプにおすすめです。
*ヒマワリ種子エキス、 アロエベラ液汁、 スイカ果実エキス、 ミモザテヌイフローラ樹皮エキス、 ベニバナ油粕エキス(全て保湿 ・ 保護成分)
こだわりの成分
  • アロエベラ アロエベラ 「アロエ」はユリ科の植物で、アラビア語で苦みと輝きを意味する「Alloeh」という名詞に由来しています。熱帯地方に広く栽培され、さかのぼること古代エジプト女王クレオパトラの美の秘訣であったと語り継がれています。また、アリストテレスは、当時、アフリカのソコトラ(Socotra)島を征服しようとしていたアレクサンドロス大王に対して、兵士の傷を治すために十分な量のアロエを手に入れるよう進言したと、歴史書に記されています。アロエの肉厚の葉からとれたジェル状の粘性の液には、肌柔軟・保湿・整肌・血行促進などの様々な作用があり、重宝された植物です。化粧品には、ぬるぬるとした粘液質に含まれるポリサッカライド(多糖質成分)の整肌効果、肌保護作用を利用して配合されています。 詳しくはこちら
  • シアノキ シアノキ 「シアノキ」は、アフリカのサバンナに育ち見事なフルーツを実らせる喬木で、サバンナの王と呼ばれています。またアフリカの伝説では、この木は「人生の縦糸」と呼ばれ神聖なものとして扱われ、伐採やダメージを与えることができないとされています。特に女性にとっては美容のために大切な木で、ガーディアンとしてシアの実から過敏な肌をやわらげる塊の脂肪(シアバター)を採取します。このシアバターは脂肪酸を豊富に含み、保湿と皮膚保護作用に優れています。特に生理活性が高い不ケン化物含有量の多い部分はフリーラジカルを抑制する効果があり、化粧品では肌を落ち着かせて守る働きが利用されています。 詳しくはこちら
  • ミモザテヌイフローラ ミモザテヌイフローラ 「ミモザテヌイフローラ」は6〜8mの高さの木で、高度800~1000mのメキシコ東南部の高地に自生しています。マヤ文明では皮の粉末が人や動物の傷口に効くとして、「テプゼコヒュイット」(Tepzecohuit)とも呼び習わされ、その魔法のような力が重宝されていました。1985年に起こったメキシコ大地震の際、赤十字は被害者の治療に向けて、ミモザテヌイフローラの使用を指示したといわれ、この木の治療効果がクローズアップされました。現在では国家遺産のひとつとなっています。その表皮のダメージを回復させる治癒力が化粧品に利用されています。 民間療法ではミモザテヌイフローラ樹皮の持つ肌の抗菌、鎮静、再生作用が利用されてきました。 詳しくはこちら
レビュー (0)
最近ご覧になった商品