ジェントル フォーミング クレンザ― SP エキストラコンフォート ジェントル フォーミング クレンザ― SP エキストラコンフォート

ジェントル フォーミング クレンザ― SP エキストラコンフォート

ベリードライ/敏感肌用の洗顔料
商品の内容

2 レビュー
  • 肌タイプ ドライ
  • テクスチャー: クリーム
¥ 4,290
125 ml

製品の数量: 1

43 ポイント
125 ml
¥ 4,290
ベリードライ/敏感肌用の洗顔料
アルプスの自社農園:ドメーヌクラランスで栽培したオーガニックハーブ*1のエキスを使用した、ベリードライ/敏感肌用の洗顔料。植物由来の洗浄成分、サボンソウエキス*2で肌を洗い上げるソープフリー処方。植物を研究し続けているクラランスは、美肌の鍵を握る肌フローラに着目。うるおいバランスを保ちながら、メイクやチリ・ホコリなどの大気汚染物質をしっかり落とします。季節の変わり目や空調などでうるおいバランスが不安定になりがちな肌を弱酸性の泡で穏やかに洗い上げます。ローマカミツレ*3配合で、洗いあがりの肌はふっくら触れたくなるような質感に。フレッシュでフローラルな香り。

スキンケアタイプで選べる4種類の洗顔料
ジェントル フォーミング クレンザ― SP コンビネーション/オイリー
ジェントル フォーミング クレンザ― SP ドライ/ノーマル
ジェントル フォーミング クレンザ― SP エキストラコンフォート
トータル フォーミング クレンザー

<肌フローラとは?>
肌の上に生育する様々な細菌の集合のこと。美しい肌は、この細菌のバランスが良好に保たれています。

<クラランスの新しいソープフリー処方とは?>

Q:ソープ(せっけん成分)とは何ですか?
A:ソープ(せっけん成分)は、油脂成分とアルカリを反応させてできた洗浄成分です。紀元前の昔から、私たちは汚れを落とす目的で使用してきました。現在はソープ(せっけん成分)以外の洗浄成分も豊富に存在し、用途・洗浄力や洗いあがりの好みなどに応じて使い分けられています。また固形せっけんやチューブ入りの洗顔フォーム、液体のリキッドソープなどがありますが、原料や形状の違いがあってもどれも同じソープ(せっけん成分)からなります。

Q:ソープフリーということは、界面活性剤フリーですか?
A:ソープ(せっけん成分)も、界面活性剤の一部です。新クレンザーに使用している洗浄成分(サボンソウ他)は、界面活性剤ですが、ソープ(せっけん成分)ではありません。界面活性剤とは、水と油など本来は混じり合わないものを混ぜることができるようにする物質の総称です。汚れを落とす洗浄成分や、クリームなどを作るときに使われる乳化成分も、界面活性剤になります。

Q:ソープ(せっけん成分)を使用しなくなったということは、ソープは害があるものなのですか?
A:ソープが肌に悪いわけではありません。ソープは、泡立ちがよく、さっぱり洗い上げる特徴があります。
今回の新クレンザーは、肌フローラに着目して作られた製品ですので、よりマイルドなソープフリーになりました。ソープ(せっけん成分)に比べると泡立ちがマイルドで、しっとりと洗いあげます。
※クラランスには、一部ソープ(せっけん成分)を使用している製品もございます。

*1 ゲンチアナエキス、メリッサ葉エキス(いずれも整肌成分) *2 サボンソウ葉エキス(洗浄成分) *3 カミツレ花エキス(保湿成分)

お客様の声 ()