脂性肌(オイリー肌)におすすめのスキンケアは?

1. 脂性肌(オイリー肌)とは?

脂性肌(オイリー肌)の特徴は、皮脂が過剰に生成されること。ホルモンバランスの変化、またはストレスや汚染などの外的要因が引き金となり、皮脂分泌のバランスが崩れてしまうことも一因となります。乾燥肌とは異なり、脂性肌の皮脂腺で必要以上の皮脂が作られることによって、Tゾーンを中心にテカリが気になったり、毛穴の広がりや黒ずみ、シミが現れやすくなります。

2. 脂性肌(オイリー肌)用のケア

乾燥肌やノーマル肌と同じように、脂性肌にも肌に適したケアがおすすめです。まず、朝晩、マイルドなクレンザーで余分な皮脂と汚れを洗い落としましょう。ジェントル フォーミング クレンザー ノーマル/コンビネーションなど、肌タイプに合ったクレンザーがおすすめです。次に、肌をしっかりと引き締めてくれるV コントア セラムをなじませましょう。V コントア セラムはシバムギ*などの植物成分を配合。肌にうるおいを与えながら、肌を引き締め、ハリを与え、すっきりと軽やかに整えます。クラランス独自のオート リフティング マニュアルでのご使用がおすすめです。

*シバムギ根エキス(保湿成分)

 
また脂性肌であっても、乾燥肌と同じように保湿が重要です。さらりとした保湿クリームを選びましょう。クラランスでは、デイクリームにもナイトクリームにも、コンビネーション肌や脂性肌に合わせた多様なテクスチャーを用意しています。

週に1~2回、スペシャルケアを取り入れるのも効果的です。ピュア コンセントレ クレイ マスクを使用すれば、わずか10分で肌の余分な汚れや皮脂をすっきりと取り除くことができます。マスクにはカオリンとグリーンクレイ*1、オーガニックのアルペンヤナギ エキス*2を配合。クリーンでみずみずしいソフトな素肌、そしてすっきりクリアでマットな澄肌(すみはだ)へと導きます。

*1 カオリン、イライト(いずれも吸着成分)
*2 エビロビウムフレイスケリエキス(保湿・製肌成分)

3. 外出中のメイク直し

2ステップで日中の脂性肌のテカリをコントロールしましょう。まず、過剰な皮脂を吸収し、毛穴が気になる肌をなめらかに整える部分用メイクアップベース、インスタント マット プライマーで毛穴をカバーします。ピンク色のジェルがつけた瞬間透明に変わることで肌になじみ、メイクの仕上がりをキープしてくれます。次に、プードゥル エヴァーマットで肌を仕上げます。シルキータッチのパウダーが肌にやわらかく伸び、均一でマットな肌へと整えてくれます。コンパクト型のため、バッグに忍ばせておけば、外出中にテカリが気になる時のお直しにも便利です。

おすすめのアイテム

同じカテゴリの質問

脂性肌(オイリー肌)のお手入れ方法とは?

脂性肌のお手入れ方法をご紹介。クラランスは、余分な皮脂を減らすことで肌の透明感を高める、脂性肌専用のフェイスケア製品をご紹介します。

肌タイプによってスキンケア製品は違うの?

それぞれの肌のタイプやコンディションにふさわしいスキンケア製品、美容習慣とは?クラランスがそのヒントをご紹介します。

デイクリームとナイトクリームの違いは?

デイケア製品とナイトケア製品はそれぞれ違う役割を持っています。自分に合った製品を選ぶためのポイントをこちらでご紹介します。

敏感肌におすすめのベーシックケア

敏感肌のメイクを落とすには、軽いタッチとマイルドな製品が必要です。クラランスから、炎症が起きないように敏感肌を洗う上で必要なすべての情報をお伝えします。