クラランスの社会貢献

クラランスは日々、創業者であるジャック・クルタン・クラランスの信念に基づき、医学的・人道的・環境的プロジェクトに全力を注いでいます。 「人々の健康と幸福」、「教育と子供の成長への支援」、「生態系の保護」、この3点は人々と地球に自発的に手を差し伸べるクラランスにとっての目標です。
自発的に行動する気持ちを常に持ち続け、次世代のためになる貢献を行っていきます。

子どもたちへの取り組み

FEED

現在まで、クラランスとFEEDは、2021年末までに3,600万食を提供することを目標に、国連世界食糧計画を通じて、困窮している子どもたちに3,300万食以上を提供してきました。

詳しくはこちら

生物多様性への取り組み

PUR PROJET

クラランスは、PUR PROJET(ピュアプロジェ)と連携し、世界中の森林再生プログラムをサポートしています。2011年以来、世界中で525,000本以上の樹木*が植えられています。 *PUR PROJETや他のパートナーを通して植えられた木々を含みます

詳しくはこちら

生物多様性への取り組み

プラスチック オデッセイ

クラランスはプラスチック オデッセイの最初の公式パートナーであり、海洋のプラスチック汚染を減らし、地域が自発的に行うリサイクル活動のグローバルネットワークを構築するための世界中への遠征を支援しました。

生物多様性への取り組み

ドメーヌ クラランス クラランスの農場

アルプスにある革新的な屋外研究所と農場では、持続可能な農法が用いられ、クラランスの処方に使用される最高品質の原材料が栽培されています。

研究への取り組み

クルタン関節炎財団

リウマチ性多発性関節炎から来る痛みに苦しむ妻に心を砕いたクラランスの創業者、ジャック・クルタン・クラランスによって設立されたクルタン関節炎財団は、リウマチ性疾患分野の研究に資金を提供しています。クラランスは、ボディ オイル “トニック”の売上ごとに、関節炎財団に寄付を行い、早期診断に繋がるように新しい治療経路を開発し、何百万人もの患者の希望を取り戻します。

詳しくはこちら