乾燥肌をケアするには?

1. 肌の乾燥を感じるのはなぜ?

肌の不快感、かゆみ、つっぱり…このような症状は、水分と油分が不足する乾燥肌に起こりやすいとされています。肌の保護膜が皮膚をうまく保護できず、肌が外的要因に対してより敏感になってしまうためです。

このようなお肌は、寒さ、チリやほこりなどの外的刺激のダメージを受けやすい状態に。肌のしなやかさが失われ、つっぱりやざらつきを感じたり、表面に赤みが現れたりといった症状が現れます。

2. 肌のニーズに応えるケア

では、肌が非常に乾燥している場合はどのようにケアすればよいのでしょうか。まずは保護膜のバランスを整え、肌を落ち着かせるために各製品の使い方をマスターしましょう。おすすめは、朝晩、マイルドなクレンザーを使ったケアを習慣にすることです。 クレンジング ミルク ドライ/ノーマルは、メイクと汚れをやさしく取り除くのにぴったりです。コットンやティッシュは肌の自然なバリア機能を損なう可能性があるため、指を使ってていねいにケアしましょう。

洗浄後の肌には、リッチな(コクのある)ローションでしっかり保湿をしましょう。また、週に1~2回、乾燥肌用のコンフォート コンセントレ バーム マスクで徹底的に保湿するのもおすすめです。所要時間はわずか10分。オイルとマンゴーバター*を配合したマスクのフォーミュラが、しなやかでしっとりとした肌に整えます。

ボディには中性のマイルドなボディ用クレンザーを使用し、仕上げにボディ オイル “トニック”をオン。100% 植物エキスのフォーミュラで、肌にうるおいとしなやかさを与えてくれます。

3. ライフスタイルを整える

健康的な肌づくりのためには、毎日1.5リットルの水を飲むことを心がけましょう。最適な水分レベルを確保し、肌が求める潤いを与えるためのカギとなります。エアコンが効きすぎている、または環境汚染の激しい場所は肌の炎症を招くため、できる限り避けるようにしてください。乾燥肌をケアするためには、ライフスタイルを整えることも大切です。

 
* アフリカマンゴノキ核脂(保護成分)マンゴー種子油(保護成分)

おすすめのアイテム

同じカテゴリの質問

肌トラブルをカバーしたい!ときの対処法

トラブルの起こりやすい肌に合った製品ラインナップをご紹介。スキンケアからメイク法まで解説します。

顔の赤みを気にしない!ケア

敏感肌には赤みが現れることが少なくありません。クラランスから、赤みと不快感をカバーするためのヒントとコツをご紹介します。

敏感肌におすすめのベーシックケア

敏感肌のメイクを落とすには、軽いタッチとマイルドな製品が必要です。クラランスから、炎症が起きないように敏感肌を洗う上で必要なすべての情報をお伝えします。

肌タイプによってスキンケア製品は違うの?

それぞれの肌のタイプやコンディションにふさわしいスキンケア製品、美容習慣とは?クラランスがそのヒントをご紹介します。