顔の赤みを気にしない!ケア

1. 赤み:敏感肌の一番の敵

敏感肌がストレスを感じ始めると、すぐに反応が起こって赤みが現れます。大気汚染、寒風、強風や寒暖差は肌組織を保護するのに欠かせない皮脂膜にダメージを与え、赤みを引き起こす原因に。赤みは見た目が良くないだけでなく、肌の状態を不安定にして肌荒れを引き起こします。

2. 敏感肌を感じたら

肌が敏感になっていると感じたら、まず心地よく整えることが大切です。敏感肌でお悩みの方は、敏感肌用美容オイル スキン ビューティ リペアをご使用ください。たっぷりの植物由来オイルが肌の保護膜となって、肌を守り、キメを整えます。

次に保湿です。皮脂膜のバランスをとるため、肌に水分を与える必要があります。朝はイドラ エッセンシャル クリームで肌に深いうるおいを与え、環境がもたらす乾燥ダメージから、素肌をガードします。

3. スキンケアしながらメイクでカバー

ラディアント コントロール カラー(04 グリーンが最適です)で肌色を均一に整え、赤みを消しましょう。細かいシミを目立たなくするとともに、保護して肌荒れを防ぎます。また、瞬時に肌のトーンを均一に整え、肌に透明感を与え、いきいきと明るくすると同時にうるおいを十分に補給してくれます。さらに、アンティ ポリューション コンプレックス*を配合したフォーミュラが、乾燥や、チリ・ホコリ・大気汚染などの外的刺激から肌を守ります。一日中赤みから解放された魅力的な肌をキープしてください。

*ラプサナコムニス花/葉/茎エキス・チャ葉エキス、フルセリアルムブリカリスエキス、ジメチコンからなる保湿保護成分

おすすめのアイテム

同じカテゴリの質問

エイジング対策のクリームは何歳から使用すればいい?

クラランスから、年齢に合ったエイジング対策の製品をご説明します。

気になる目もとのクマ対策

気になる目もとのクマ対策とは?クラランスから、自分に合った目もと用製品を選ぶためのヒントとアドバイスをご紹介します。それぞれの年齢と気になる部分に合わせた製品をお選びください。