うっかり日やけ!してしまった場合のケア

日差しが強い時期はしっかりと肌を保護するのが理想ですが、もし長時間日光を浴びてしまったら? 特に敏感肌の方は肌が赤くなり、触るだけでひりひりすることも。日やけ(日焼け)は紫外線により引き起こされるものですが、その程度は様々です。

長時間太陽にさらされた日は必ずアフターケアを行いましょう。特に気になる顔はもちろん、気づかないうちに真っ赤になりがちな首やデコルテ(胸元)などもチェックします。二の腕や足などボディのケアも忘れずに!

1. 日やけ(サンバーン)の2つのタイプ

日やけ(サンバーン)には2つのタイプがあります。紫外線を皮膚が浴びることにより、肌がほてって赤みを帯びる軽度の紅斑(I度の火傷に相当)と、皮膚に水泡(水ぶくれ)が生じる重度の紅斑(II度の火傷)です。

2. 日やけした後のケアは?

日やけしたかもしれないと感じたらすぐ日陰に入り、水で冷やすなど、クールダウンに努めましょう。その後クラランスのアフターサン製品でケアします。くれぐれも、日やけした状態のまま放置することは避けましょう。

日やけ後の入浴や熱いシャワーはNG。まずはクリーミー アフターサン バーム(保湿クリーム)やリフレッシング アフターサン ジェル(保湿ジェル、いずれもフェイス・ボディ兼用)などで肌を十分に保湿し肌を保護しましょう。アフターサン製品は、日やけ後のデリケートな肌を心地よくし、うるおいを与え、そしてなめらかに整えるために特別に選ばれた植物エキスを豊富に配合しています。

3. 正しい習慣を身に着ける

保湿に加えて、日やけでダメージを受けた肌と体内のケアも重要です。クラランスのアフターサン製品を使用するだけではなく、毎日水をたくさん飲むよう心がけ、生活シーンと肌に合った適切なSPFの日やけ止めを使用し、こまめに塗り直すようにしてください。

また、日やけ止め(日焼け止め)を塗って外出した後はしっかり落とすことも大切です。肌に残った日やけ止めやチリ・ほこり、ビーチの砂などをすっきり落としてくれるアフターサン シャワージェルがおすすめです。フェイス・ボディ・ヘア(シャンプーとして)の3部位に使える3-in-1仕様で、夏のお出かけ後に活躍します。

頭皮に紫外線を浴びるとダメージや乾燥の原因となるため、帽子をかぶっていなかった、直射日光にあたった自覚がある場合はしっかりヘアケアも行いましょう。

おすすめのアイテム

同じカテゴリの質問

美しい小麦色の肌を手に入れる方法

小麦色に輝く肌を簡単に手に入れたい!クラランスから、一年中輝く健康的な小麦肌を楽しむ秘訣をご紹介します。

自分に合った日焼け止めの選び方

サンスクリーンが効果を発揮できるよう、適切な製品を選びましょう。自分に合った日焼け止めを選ぶためのヒントを、クラランスがご紹介します。

自分に合ったUVプロテクションレベルの選び方

サンプロテクションのSPF値の選択は、紫外線の悪影響から肌を守る上でとても大切です。クラランスから、自分に合ったサンプロテクションを選ぶためのヒントをご紹介します。

子どもに合ったサンプロテクションって?

子どもが長時間日光を浴びる場合、しっかりと肌を保護しなくてはなりません。クラランスが、3歳以上の子ども用サンプロテクションの選び方と、子どもが日光を浴びる際の注意事項を解説します。