自分に合ったUVプロテクションレベルの選び方

旅行に出かけて外でのアクティビティを思い切り楽しんだり、最寄り駅まで日光の下を歩いたり…、夏は太陽の光を強く浴びる季節です。安心と安全のために、適切なUVプロテクションを選ぶ方法をご紹介します。

1. SPFとは?

20、30、50……どのサンケア製品にも、UVプロテクションのレベルを示す数字が記載されています。これらのSPF(日焼け防止指数)は、製品がUVB(紫外線B波)に対する保護力のレベルを表します。 SPF値の評価基準は世界共通。SPFの数字は、肌が日に焼けると予想されるまでの時間を示しています。たとえばSPF30の日焼け止めなら、クリームをまったく塗らない場合と比べて、30倍長く肌が保護されるわけです。

指数が大きいほど、UVがもたらすダメージに対するプロテクションレベルが高くなります。SPF30の製品は正式に「高い保護効果がある」とされ、SPF50+の製品は「非常に高い保護効果がある」とされています。

2. どのSPFを選ぶ?

スキンタイプによって太陽光線に対する感度は異なるため、ふさわしいSPFも異なります。太陽光線に対する感度が高い色白の肌には、保護効果が非常に高いSPF50+の製品を選び、あまり長時間太陽を浴びないようにしましょう。小麦色に日焼けする明るい肌であれば、SPF30で十分です。クラランスは肌の保護とケアを最優先に考えているため、サンケア製品のラインナップは「高い保護効果」のSPF30と、「非常に高い保護効果」のSPF50+のフォーミュラのみとなっています。

顔用には、クリームタイプの ドライタッチ サンケア クリームハイプロテクション(SPF/50+) またはジェルタイプの サンケア ジェル-オイル (SPF30)から、お好みのテクスチャーをお選びください。ビーチや街で小麦色に輝く肌を手に入れたい場合は、 セルフタンニング インスタント ジェルで。軽やかでキメ細かいテクスチャーと、誰にでも合うベージュカラーが、艶やかで均一な肌色を叶えてくれます。また、ダメージを受けやすい髪もサンケア オイルミストでしっかり保護して。

ボディ用の日焼け止めは選択肢が豊富です。 サンケア クリーム ハイプロテクション(SPF50+)なら、白い跡を残さず十分に肌を保護できます。 オイルベースでべたつきのないテクスチャーと艶やかでサテンのような仕上がりがお好みであれば、 サンケア オイルミスト(SPF30)がぴったりです。濡れた肌に直接日焼け止めを塗りたい場合は、 サンケア ジェル-オイル( SPF30)をお選びください。 サンケア ローションスプレー(SPF50+)は便利なスプレータイプのため、白い跡を残さず簡単に塗ることができます。

なお、保護効果の高いSPFを使用した場合でも、長時間太陽の光を浴びることは避けましょう。また2時間ごとに(泳いだときはその後にも)、サンプロテクションを塗り直してください。

おすすめのアイテム

自分に合った日焼け止めの選び方

サンスクリーンが効果を発揮できるよう、適切な製品を選びましょう。自分に合った日焼け止めを選ぶためのヒントを、クラランスがご紹介します。

子どもに合ったサンプロテクションって?

子どもが長時間日光を浴びる場合、しっかりと肌を保護しなくてはなりません。クラランスが、3歳以上の子ども用サンプロテクションの選び方と、子どもが日光を浴びる際の注意事項を解説します。

美しい小麦色の肌を手に入れる方法

小麦色に輝く肌を簡単に手に入れたい!クラランスから、一年中輝く健康的な小麦肌を楽しむ秘訣をご紹介します。

うっかり日やけ!してしまった場合のケア

うっかり長時間にわたって日差しを浴びてしまった場合、適切なステップで肌をケアすることが欠かせません。クラランスから、日焼け肌を落ち着かせるために最適な製品と、おすすめのテクニックについてご紹介します。