敏感肌におすすめのベーシックケア

1. 敏感肌はダメージを受けやすい

敏感肌はとてもデリケートで、わずかな外的要因にも反応して肌トラブルを引き起こしてしまいます。肌を守っている皮脂膜の水分・油分バランスが乱れ、赤みが現れ 、肌のキメが粗く不均一になることもあります。

2. マイルドなクレンジング(メイク落とし)を

一日を過ごした肌の汚れは、肌に負担がかからないよう、マイルドなメイク落としでやさしくメイクを取り除きましょう。クレンジング ミルクなど、クリーミーなテクスチャーの製品を使うのがおすすめです。


クレンジングの際には、クラランス独自のクレンジングメソッドでこすらず優しく汚れを落としましょう。クレンジングを皮膚温程度に手のひらで温めてから、両手で顔全体から首にかけて均等になじませます(肌に押し付けないように注意してください)。手のひらを軽く肌に密着させ、汚れを吸い出すようにぱっと離す動作を繰り返しましょう。その後しっかりと洗い流すか、コットンでふき取り、洗顔料で肌の汚れや古い角質をやさしく取り除きます。

3. 次のステップは?

肌の汚れを取り除いたら、アルコールフリーのマイルドなローションで肌を整えます。アロエベラ*1を配合したトーニング ローション エキストラ コンフォートをお試しください。さらりとしたジェル状のローションが、瞬時に肌をまろやかなテクスチャーで包みます。


お悩みに合わせたセラムのあと、乾燥に傾きがちな敏感肌にうるおいをチャージしましょう。日中にはデイクリームで、夜にはナイトクリームでダメージに敏感な肌をうるおいで満たしつつ保護しましょう。


*1 アロエベラ液汁(保湿成分)

同じカテゴリの質問

すべてのカテゴリ

メイクを落とすベストな方法

効果的な美容習慣は、メイクをすっきり落とし、汚れを綺麗に洗い流すことから始まります。クラランス流ベストなクレンジング方法をご紹介します。

肌トラブルをカバーしたい!ときの対処法

トラブルの起こりやすい肌に合った製品ラインナップをご紹介。スキンケアからメイク法まで解説します。

顔の赤みを気にしない!ケア

敏感肌には赤みが現れることが少なくありません。クラランスから、赤みと不快感をカバーするためのヒントとコツをご紹介します。