妊娠線が出やすい
妊娠中のボディに、
 早めの予防を

妊娠線が出やすい妊娠中のボディのために

妊娠線とは?その原因は?

妊娠線は妊娠による急激な体型の変化に起因するものです。 妊娠中期頃のお腹が急に大きくなる時期に、急激な変化に皮膚の伸びが追い付かなくなり皮膚繊維がひび割れて妊娠線ができやすくなります。お腹だけでなく、体の変化によって太ももや胸元に出ることもあります。 一度できた妊娠線を 消すのは難しいですが、正しいケアで美しい肌をキープしましょう。

マタニティケアは、肌をよりやわらかく、しなやかな状態に保つことが大切です。

妊娠中におすすめのボディケアの方法

STEP1:角質ケアでやわらかく、なめらかな肌に

ボディケアの最初のステップは、まず余分な角質をケアすることからはじめましょう。スムージング ボディ スクラブは、肌表面の汚れや古い角質を取り除き、肌をすっきりとしなやかに整えるボディ用クレンジングスクラブです。ボディの気になる部分にマッサージするようになじませ洗い流すと、その後のケア製品のなじみがさらに良くなります。

スムージング ボディ スクラブ

スムージング
ボディ スクラブ

¥ 6,380

STEP 2:妊娠期に寄り添うボディクリームで毎日やわらかな肌をキープ

お腹が張りやすくなる妊娠中は、肌をやわらかく保つのが一番のポイント。クラランスのボディ パートナーは、肌にうるおいを与え、しなやかさとハリを保つためのマッサージに適した妊娠期におすすめのボディクリームです。肌のつっぱりが気になりがちな妊娠期に毎日朝晩使用して、見た目にもなめらかなボディを維持しましょう。

無香料・無着色なので、香りに敏感になりがちなプレママにも安心です。

毎日のボディケア習慣で、よりなめらかに引き締ま
った肌へ。意識して水分をたっぷりと取りましょう。