ブライトニング製品の
効果的な使い方

澄んだ空気のような透明感を、あなたの肌へ

3分

くもりのない澄んだ肌を求めるアジア女性のために開発されたブライトプラス ブライトニング セラム。セラムの効果を高める、クラランス独自の「ダブル酸素補給メソッド」で輝きのある肌へ。

  • クラランス プラス
  • • 両手で肌を優しくプレスすると、
    心地よい香りに包まれます。
  • • 美容液を両手にとると、
    均一に塗布することができます。

肌を輝かせるルーティン

1. 洗顔

ホワイト-プラス ブライト クレンザー

ホワイト-プラス ブライト クレンザー

2. 整える

ホワイト-プラス ブライト ミルク ローション<医薬部外品>

ホワイト-プラス ブライト ミルク ローション<医薬部外品>

ホワイト‐プラス ブライト アクア ローション<医薬部外品>

ホワイト‐プラス ブライト アクア ローション<医薬部外品>

3. 輝きを与える

ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)30mL

ブライトプラス ブライトニング セラム
(医薬部外品)30mL

ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)50mL

ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)50mL

4. お手入れ

ホワイト-プラス ブライト ロールオン(医薬部外品)

ホワイト-プラス ブライト ロールオン(医薬部外品)

5. 保湿

ホワイト‐プラス ブライト エマルジョン<医薬部外品>

ホワイト‐プラス ブライト エマルジョン<医薬部外品>

6. 肌を活性化

ホワイト‐プラス ブライト ナイト ジェル<医薬部外品>

ホワイト‐プラス ブライト ナイト ジェル<医薬部外品>

7. 予防

UV-プラス マルチ デイ スクリーン

UV-プラス マルチ デイ スクリーン

8. 華やかにする

ブライトプラス ブライトニング クッションファンデーション

ブライトプラス ブライトニング クッションファンデーション

ホワイト‐プラス ブライトニング パウダーファンデーション

ホワイト‐プラス ブライトニング パウダーファンデーション

1. 洗顔

ホワイト-プラス ブライト クレンザー

ホワイト-プラス ブライト クレンザー

2. 整える

ホワイト-プラス ブライト ミルク ローション<医薬部外品>

ホワイト-プラス ブライト ミルク ローション<医薬部外品>

2. 整える

ホワイト‐プラス ブライト アクア ローション<医薬部外品>

ホワイト‐プラス ブライト アクア ローション<医薬部外品>

3. 輝きを与える

ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)30mL

ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)30mL

3. 輝きを与える

ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)50mL

ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)50mL

4. お手入れ

ホワイト-プラス ブライト ロールオン(医薬部外品)

ホワイト-プラス ブライト ロールオン(医薬部外品)

5. 保湿

ホワイト‐プラス ブライト エマルジョン<医薬部外品>

ホワイト‐プラス ブライト エマルジョン<医薬部外品>

6. 肌を活性化

ホワイト‐プラス ブライト ナイト ジェル<医薬部外品>

ホワイト‐プラス ブライト ナイト ジェル<医薬部外品>

7. 予防

UV-プラス マルチ デイ スクリーン

UV-プラス マルチ デイ スクリーン

8. 華やかにする

ブライトプラス ブライトニング クッションファンデーション

ブライトプラス ブライトニング クッションファンデーション

8. 華やかにする

ホワイト‐プラス ブライトニング パウダーファンデーション

ホワイト‐プラス ブライトニング パウダーファンデーション

ブライトプラス ブライトニングセラムを使った
「酸素美白肌」ダブル酸素補給メソッド

※澄んだ空気のように透明感の肌のイメージ

  • 酸素を与えるように

    酸素を与えるように

    両手の人差し指と中指を使って、頬、あご、顔の下部分の気になる部分を軽くタッピング。肌を目覚めさせ、適度に血行を促進して酸素を受け入れやすい肌状態に整えます。

  • 深呼吸する

    深呼吸する

    美容液を少量片手に取り、手のひらで肌の温度程度に温めます。鼻の位置で手を合わせ、目を閉じてゆっくりと息を吸い込み、体に酸素を取り入れ、お肌と心をリラックスさせます。

  • 肌に塗る

    肌に塗る

    手のひらを平らにして、美容液を顔全体と首に軽く押しながら塗ります。

  • 再び酸素を与えるように

    再び酸素を与えるように

    5~10秒間、両手で顔全体の肌をタッピングします。必ず顔の中央から外側に向かって行なってください。右手を首の左側にあてて、軽くタッピングします。次に、左手を首の右側にあてて、軽くタッピングします。左右それぞれ5秒間タッピングします。

    エキスパートからのアドバイス

    あせらずにしっかり4ステップを行いましょう!
    ご使用前には容器をよく振り、
    二層を十分に混ぜ合わせてください。

    デニース・バルト
    インターナショナル・トレーニング・マネージャー

    すべてのメソッド