フェイス

目の周りのクマや目の下のたるみにさよなら

クラランス アイケア モデル

目の周りのクマや目の下のたるみは、見た目にも疲れた印象を与えてしまいます。しかし、睡眠不足だからこれらの症状が出てくるわけではなく、ストレスや遺伝、老化などからくることが多いのです。

目のクマへの対処は、まずその原因を知ることが第一です。クマの色で原因がわかることもあります。

クマが茶色の場合、原因は過剰な色素沈着によるものであり、日光の当たりすぎや遺伝が原因です。遺伝の場合は確実な対抗策がないのが現状ですが、それでも外出する前に日焼け止め作用のある日焼け止め・UVケアを使い、色素沈着を防ぐことはできます。

青みがかったクマは、酸化した血液が目の下に溜まってしまうことで発生します。長時間横になっているとこのようなクマができやすいため、朝起きた直後に目にすることが多いかもしれません。まずは枕を高くして、就寝中に血液が滞らないようにしましょう。

また、青みがかったクマは年齢の経過とともによくみられます。老化によって脂肪分やコラーゲンが減少していくことが原因です。

目の下のたるみをなくすには?

クマとともに目の下のたるみや深いシワ、目尻の小じわが目立つ場合、コラーゲン不足が主な原因だと考えられます。そんなときは、エイジングケア* アイクリームのクラランスのスープラ アイ セラムをお試しください。マダガスカルの「癒し」の植物といわれるオーガニックハルガナ成分配合で目の下のたるみをケアし、お肌のハリ感をアップ。まぶたの輝きを増した、より若々しい目もと印象を与えます。

*年齢に応じたお手入れのこと

アイケアを正しくに使用することが、目もとのお手入れのキーポイントです。クラランス独自のメソッドは、目もと周りの微小循環(細動脈、毛細血管、細静脈部分の循環)を促進し、目の輪郭を引き延ばすことなくクマや目の下のたるみ、シワをケアします。

アイクリームの正しい使い方:

  1. すぐにお肌に浸透*できるように、指に少量乗せて人肌になるまで温めてください。
  2. リンパの循環方向と同じように目の内側から外側の輪郭(こめかみ)に向けて指先で軽く押しながら、クリームを塗りましょう。
  3. この工程を、まぶたの上と目の下のお肌に3回ずつ行います。
  4. 眉間のシワの部分には、指先を使って撫でるように上下に塗り込むといいでしょう。

*角層まで

クラランスの青クマ対策豆知識:

朝、5分間ほどクマの部分を冷やしてみましょう。血管の収縮を促すことで、目の下の青みがかったクマを軽減できます。