クラランスが製品に植物エキスを使用する理由

セイロンベンケイ (トウロウソウ)

植物の力を信じているクラランスの高品質な製品は、自然界にインスピレーションを得て生まれたものです。250種類以上の植物エキスを取り入れたフォーミュラは、女性一人一人の内なる美しさを引き出すよう設計されています。


またクラランスは、自然の恵みを活用するだけでなく、自然を尊重し保護することにも積極的に取り組んでいます。クラランスが持つ植物の専門知識と、地球と人類を守るための取り組みについてご紹介します。

1. 情熱あふれる創設者

クラランスは1954年、ジャック・クルタン・クラランスの先見的なアプローチにより誕生しました。「すべての女性にもっと輝く人生を」というテーマに向けたサステイナブルな事業を実現するべく、自然が持つ驚異のパワーにインスピレーションを得て、植物ベースの美容製品を作るというアプローチを実現しました。彼は、植物が薬物療法においていかに効果的かを知り尽くしており、そしてそれが化粧品でも効果を発揮できることを早くから理解していました。その結果、クラランス初のボディオイルが誕生し、そこから植物と香りを使ったケアというクラランスブランドの専門知識が育まれていったのです。

2. 「植物を科学する」クラランスの専門性

クラランスでは、天然由来の原材料を優先して使用し、当社の研究所で働く多数のエキスパートを通して植物に関する知見を深めています。クラランスの医学・植物学の専門家は皆、植物と人間の相互関係を文化的に研究する「民族植物学者」でもあります。彼らが密に連携しながら、日々クラランスのフォーミュラに有用だと思われる植物を世界中で探しているのです。

原材料の候補として選ばれた植物はそれぞれ、当社の研究所に運ばれて分析されます。そこでクラランスの植物科学者が茎、葉、花、果実のすべてを検査し、最も有効な分子を最適な濃度で抽出。次いで生物学のエキスパートが、各エキスが肌の上でどれくらい効果を発揮できるかを調べます。消費者の安全を最優先とし、クラランスがその中で、効果と安全性が最も高いと確認した植物ベースのエキスのみをフォーミュラに使用しています。また、それぞれのエキスについては、毒物学者による綿密な安全性チェックも行われます。

3. 自然とともに、自然のために

クラランスは人の健康と地球環境の両方を守る製品の開発を目指しています。これを実現するため、当社で使用する植物エキスはすべて、以下の持続可能性の基準に従って選ばれます。


- 環境にとって持続可能であること :
土壌の生物多様性を尊重する調達元であると追跡できる原材料を選び、葉、茎、花、果実など再生可能な部分を優先することで、植物の持続可能性(サステナビリティ)につながる種を選んでいます。


最低限の条件として、有機栽培と認定される植物のエキスを優先。できる限り、オーガニック認定される(有機栽培の農園から調達されるだけでなく、加工条件にもオーガニック認定のある)植物のエキスを使用しています。オーガニック認定も有機栽培の認定もない原材料については、様々なサプライヤーに対してオーガニックな方法へ転換するよう働きかけています。現在、クラランスの植物エキスのカタログには、オーガニック認定された植物エキスが約90種類含まれています。


また、クラランスは、地球環境に責任をもつ「グリーンビューティ」にコミットしています。その一環として、植物の有用成分を抽出・精製してエキスを作る過程にも「グリーンケミストリー」というポリシーがあります。それは、抽出・精製に化学的な有機溶媒を使わない、溶媒の残留を減らす、消費エネルギーを削減するという特殊な製法です。これによって、植物の有用成分にダメージを与えることなく、自然にある形を保って濃縮抽出することができます。そして結果として再生可能な地球上の資源が保存されるのです。


- 地域コミュニティにとって持続可能であること :
クラランスはその原材料調達方針を通し、マダガスカルやブルキナファソをはじめ、世界で十数件のフェアトレード スキームを支援しています。これらのスキームを通じ、地域の資源を保護できるほか、スキル開発や地域経済の発展に向けてコミュニティを支援することも可能です。


こうしたプロセスは、サプライヤーへの適正な報酬と、コミュニティの生活水準を向上させるプロジェクト(医療へのアクセス、教育や訓練、井戸や学校などのインフラの建設)への資金提供につながります。当社では毎年、フェアトレードによる原材料の比率を増やすよう尽力中です。


化粧品に植物の力を駆使することで、クラランスは美しさへの責任あるアプローチを積極的に支援しています。

おすすめのアイテム

同じカテゴリの質問

クラランスにおける原材料の選び方

クラランスでは、これまで培ってきた独自の専門的知識を活用して、製品に使用する一つひとつの原材料を慎重に選定しています。